古民家にてオリジナル陶芸作品の展示販売をしています。
キーワード「作陶」 の検索結果

須恵器を作りませんか(作陶体験) 素焼作品の持込も可

このイベントは終了致しました

勝央町にある薪窯(青勝窯)で勝間田焼(須恵器)を焼きます。

この窯に入れる作品を募集しています。電話・メール等で事前に予約してください。

1.体験で作陶する場合

  ギャラリーふうで作陶します。

  初心者でも丁寧に指導しますので、遠慮なくお申込みください。

  粘土800g 作品2個まで 所要時間:2~3時間

  料金:¥2,000円 (粘土の追加も可 ¥1,000/1Kg)

  日程:5/20までの毎週金土日 9:00~ または13:00~

2.作品の持込をする場合

  ・作陶した作品をギャラリーふうまで持込または送付してください。

  ・持込の場合

   よく乾燥するか、素焼きしておいてください。

   5/20までの毎週金土日 9:00~16:00に受付

  ・送付の場合

   必ず素焼をしておいてください。また壊れないよう梱包してください。

  ・焼成料金 お茶碗2個程度で¥1,000~ 作品の大きさや個数により異なります。

3.作品の出来上がりおよび引き渡し

  作品の出来上がりは、6月下旬の予定です。

  出来上がりましたら連絡いたしますので、ギャラリーふうに受け

  取りに来てください。

  なお送付を希望される場合は、こちらで梱包送付します。

  (着払いまたは送付料金をお願いします) 

 

参考 須恵器(すえき)と勝間田焼

   青く硬く焼き締まった土器で、古墳時代の中頃(5世紀前半)に朝鮮半島から伝わった

   焼成技術をもって焼いた焼き物のことをいいます。勝間田焼はこの須恵器の流れをくむ

   焼き物で、その生産は勝間田窯(勝田郡勝央町)で行われ、現在窯跡として十数か所が

   確認されています。製品は碗・小皿の食器類からこね鉢等の調理具、壺、甕等の貯蔵具

   など多様で、主に美作地域から山陰まで広域に流通していました。しかし、鎌倉時代ま

   でに生産の終焉を迎えることになりました。この勝間田焼の復活を目指して陶芸仲間が

  「勝間田焼復活会」を結成し新たに窯を作り、年に1回窯焼をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イベント詳細

開催期間 2018年4月13日(金) 09:00 〜 2018年5月20日(日) 16:00
開催場所 ギャラリーふう
住所 岡山県津山市野村376(Googleマップで表示
お問い合わせ先 ギャラリーふう 奥田
メールアドレス gallery_fuuokuda@ybb.ne.jp
電話番号 0868-29-1061
須恵器を作りませんか(作陶体験) 素焼作品の持込も可 の詳細を確認
2018年04月09日 10:01